キャッチフレーズに聞き覚えがあり、目にとまったこの記事。
プロ麻雀界激震 ナンバー1美人雀士が不倫で夫をポイ捨ての愛憎劇
4月末に浮気離婚した「卓上の舞姫」は娘の親権まで放棄し男性チームメイトのもとへ

6月初旬の夜10時頃、東京都新宿区にある「日本プロ麻雀連盟」のスタジオから、スーツ姿の男が出てきた。周囲をキョロキョロと見回しながら足早に歩いていくのは、「麻雀IQ220」の異名をもつ実力派プロ雀士の勝又健志(けんじ)(38)である。

人気(ひとけ)のない住宅街の中、小さなコインパーキングに入った勝又を、小柄な女性が黒いベンツの運転席から出迎えた。麻雀ファンの間で知らぬ者はいない美人プロ雀士、「卓上の舞姫」こと二階堂亜樹(37)である。

はっきり言って、内容はどーでもいい。
しかしこれ、裁判になったら麻雀の勝敗(プロとしての位置付け?)まで言及されるかもね。
記事の時点で親権放棄ではそうはならんだろうけど。

それよりも、日本プロ麻雀協なんちゃらのみなさーん
お前らが、いつもさんざん小馬鹿にしている連盟のスキャンダルですよ〜
バカにしながらも連盟の人間が現れるとピタッ静かになってしまう日本プロ麻雀協なんちゃらのみなさーん
あれあれ〜
どうしちゃったんですか〜
いつものように、バカにしながら陰口で叩くチャンスですよ〜

日本プロ麻雀協なんちゃらのアホ共が、裏でさんざん悪口言うわりに、連盟の人間を見ると途端に品行方正を装うのがマジで笑えるんだけど。