「一人のマナ悪によって店のイメージは変わる」先日書いたキチガイの出現により、しばらく通っていた店に行くことをやめています。
店のイメージが「決まる」と言う方が、より正確かも知れません。
インターネットによって得られる情報はたしかに多いのですが、信憑性に疑問があったり、業者・関係者の自演も少なくないでしょう。
ツイッターも同様と考えられなくもないのですが、ある程度過去のツイートを辿ることにより、情報の精度が計れます。

近代麻雀なんかにもよく麻雀店の紹介が掲載されていますが、レートも分からないしほとんど意味ありませんね。

客層と雰囲気は、体験によって判断してゆくしかないのでしょうね。