牌を河に置くことは出来ます

アマチュア麻雀打ちの麻雀日記です。
悪戦苦闘の日々や麻雀そのものについて。

魔雀連合と日本プロ淫売協会

完全に空振りのイメージ戦略。

事の始まりは、日本健康麻雀協会(当時の代表・井出洋介)が1994年ほどから、麻雀を通じて日中交流ができないかという所から始まりました。
そのころは、中国でもマージャンは賭けるのがあたりまえでした。
しかし、日本の賭けないマージャンである健康麻雀を中国に伝え、東京・南京・西安・北京と“東南西北”の各地を巡り、交流していったのです。
「国家体育総局が制定するルールができる」そのような活動を数年間続けることで、中国の国家に健康麻雀がバクチで無い健全なゲームとして認められていきました。
そして1998年、国家体育総局が制定するルールができたのです。「賭けない麻雀=麻将」

■麻将は「マージャン」と読みます。
■日本では、麻将は「賭けない麻雀」のことを意味します。

現状の麻雀はくだらない小博打というイメージが強いので、「麻将」という名称でその悪いイメージを払拭しようという試みだろうか。
実に馬鹿馬鹿しい。呼び方変えても運ゲームのくだらん小博打は、所詮くだらん小博打だ。

だがどうせ変えるなら「麻」を「魔」に変えた方が中二っぽくて面白い。
団体名が麻将連合というらしいから、魔雀連合か。
ダメだ、元からわけのわからない麻雀プロ()という存在がよけいわけワカランものになった。

ついでになんちゃら協会の方も団体名を変えるか。日本プロ淫売協会というのはどうだろう。

「麻雀」とつけるよりも、活動にマッチしている。
あいつらは麻雀関係ないからな。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

女流プロに渡したプレゼントや差し入れの行き先は?

広島のアイドルグループメンバーが、ファンからのプレゼントを転売していた件に関連して、現役のアイドルマネージャーがその真相を暴露したとかいう記事が掲載されていました。

ニュース記事を引用します。
・現役のアイドルマネージャーが真相暴露
この件に関して、ユーチューバー(YouTubeで活躍するタレント)のカブキン氏が、現役のアイドルマネージャーに真相を聞き、その動画が大きな話題となっている。動画でマネージャーは、以下のような内容を話している。

・マネージャーの話の要約
1. アイドルが転売している話は耳に入る
2. しかしアイドルから直接「転売している話」を聞いたことはない
3. ファンの気持ちを考えて転売しないように注意してある
4. ファンから現金が届くこともある

ユーチューバーの取材という、信憑性があれなソースながら、このテの話しはあってもおかしくはないでしょうね。
ただ、これを読んだとき、「転売ならまだマシ」と思ってしまった。
麻雀の某は、「帰り道に捨てる」こともするみたいですからね。
ソースなんざ示しようがないのでそれこそ信憑性はあれですが、ふだんからファンをきもいだのカスだの陰口たたきながら、「麻雀してやってる」という子らですからね。

いーかげん、日本プロ麻雀協なんちゃらの女流の尻を追っかけながら打ってる連中があわれに思えてきた。

邂逅と再生のシンギュラリティ (Type-A) [CD+DVD]
ひろしまMAPLE★S
MAPLE RECORDS
2015-12-15



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

麻雀パレットという女流プロ賭けマージャン斡旋所

本来麻雀店は、違法な賭博が行われていないかチェックしなければならないのですが、ここは所属プロが堂々と賭け麻雀を行う珍しいパターン。
ところでこの店、いつの間に潰れてた?

所属の女流プロが「安ギャラだけど客をひっかけて賭けマージャンに誘導する」と文句たれながら打つ店なんて、そう長く続くものでもないでしょう。
もっとも、こんな店で打ってるのは、秋葉原のデート商法でインチキ絵画の高額ローンを組まされていそうな奴らばかりで、プロ側にしても「(パレットに来る客は)チョロい」「(パレットでは)ノーレートでもゆくゆくは(色々な意味での)カモになる」とやりたいホーダイでしたけどね。

そもそものやり方も薄汚い。
ゲーム代50分500円だったかな?時間制限ありの麻雀で、手動配牌や女流プロによるキャバクラ紛いの接客トークで時間を浪費させるスキーム。いまどきアルティマではない店を探す方が珍しいっつーの。

むしろ存在したことが害悪で、日本wプロww麻雀www協会wwwwに関わるものがなくなるというのは素晴らしい。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote