牌を河に置くことは出来ます

アマチュア麻雀打ちの麻雀日記です。
悪戦苦闘の日々や麻雀そのものについて。

夜更かしの好きなフクロウ

同じ動物園でも、店舗によって営業時間が異なるのですね。
知りませんでした。
キチガイ避けで大森には行かないので、色々探しているとまだまだ新しい発見があるものです。 
(営業時間の制限)
第十三条 風俗営業者は、午前零時(都道府県が習俗的行事その他の特別な事情のある日として条例で定める日にあつては当該事情のある地域として当該条例で定める地域内は午前零時以後において当該条例で定める時、当該条例で定める日以外の日にあつては午前一時まで風俗営業を営むことが許容される特別な事情のある地域として政令で定める基準に従い都道府県の条例で定める地域内に限り午前一時)から日出時までの時間においては、その営業を営んではならない。
(出所:風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)
結局、風営法の改正はどうなったのでしたっけ?








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

雀鬼とクリード・鬼を継ぐ者

年の瀬というやつですね。
麻雀への情熱が薄れているのはたしかなのですが、それを差し引いても打つ時間がとれません。
ほとんど毎日打っていた時期が嘘のようです。

“"

先日、半分以上冗談で「雀鬼VS死神の師弟対決なら見てみたい」なんて話をしていたのですが、そういえば旧雀鬼シリーズで実現していましたね(笑

その旧雀鬼シリーズは、雀鬼が引退を決めた勝負で行い「次はないよ、これで終わりだ」というセリフと共に一応はストーリー的にも完結しているわけですが、真・雀鬼については2004年の真・雀鬼19『心に棲む闇 狂乱の闘牌』以降、自然消滅的に終了してしまっています。 

真・雀鬼19は西川弘志さんをはじめ多彩なゲストのみなさんが出演されたお話しで大変面白かったのですが、あのお話しからはその後の雀鬼やダイゴ、マスターをうかがい知ることが出来ないのが少々残念です。

昨今の続編ブーム(?)にのって、真・雀鬼の完結と続編、またはスピンオフ作品でもよいので、制作されないものでしょうか。
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

サンハンダウン

先日紹介したプロ雀士の恥ずかしい闘牌と同シリーズ(?)のような動画なのですが、これは一体…
配牌時点が映っていないので何とも言えませんが、孤立したpeiを発見して機械的に切ってしまったという感じでしょうか。



ハネ満が700・1,300の和了に…実に3飜ダウンです。
解説の方も言葉を失っていますね(笑
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote