牌を河に置くことは出来ます

アマチュア麻雀打ちの麻雀日記です。
悪戦苦闘の日々や麻雀そのものについて。

個人情報を盗み見る女流麻雀プロ()

日本プロ麻雀協なんちゃらの所属キャバ嬢もとい女流プロ()は、雀荘が収集している個人情報を盗み見します。
特定客の個人情報を知りたい場合、その店の顧客情報管理PCを操作して情報を閲覧するわけです。
簡単に閲覧出来るようにしている店も店だが、冗談のつもりなのか情報から囲い込みをするつもりなのかは分かりませんが、個人情報云々がメディアを賑わすことも少なくない昨今、それがどういったことだか分かっているのだろうか?

なぜそのようなことを簡単に行ってしまうのか、なぜ行ったことを情報の提供者、すなわち客にべらべらと話してしまうのか?

馬鹿だからです。
麻雀プロ()というだけでかなりの馬鹿ですが、日本プロ麻雀協なんちゃらの所属馬鹿もとい所属キャバ嬢もとい麻雀プロ()は、その中でもとくに救いようがない馬鹿です。

日本プロ麻雀協なんちゃらは馬鹿の集まりである。


個人情報保護法のしくみ
日置 巴美
商事法務
2017-03-24





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

野球賭博と日本プロww麻雀w協なんちゃらのチンケな小博打

野球賭博関与により契約を解除されていた野球選手が復帰するらしい。
ニュース記事を引用します。
昨年3月、野球賭博に関与したとして巨人から契約を解除された元投手の高木京介(27)に注目が集まっている。NPBから受けた1年間の失格処分が解除され、22日から復帰可能となったからだ。

20170323-00000015-nkgendai-000-1-view

「失格選手が復帰を希望する場合、野球協約第10章の〈復帰手続き〉にのっとることになっています。まず高木が巨人に対して復帰申請書を出し、巨人がこれに意見書を添付してコミッショナーに提出する。コミッショナーが高木の希望を正当なものと判断した場合、復帰申請が受理され、処分当時の所属球団への復帰が認められるということになっています。申請は処分の期限満了翌日から可能とされているので、早ければ22日にも高木が申請書を提出する可能性がある。そこで一部では早くも、『高木京、巨人と再契約』と報じられているのです」

選手寿命の長くないプロ野球で1年間の処分というのは大きいですね。
賭博というのはそういうものなのでしょう。

日本プロww麻雀w協なんちゃらのアホな子らは、仕事そのものがチンケな小博打なわけですけどね。
いや、プロスポーツを引き合いに出すのは失礼すぎるか。

今でも雀王だなんだと運ゲームのくじ引きを競技だとか言い張って遊んでるんですかね?
頭悪いを通り越しておかしいでしょ。
運ゲームでプロwwwって、開運の先生か何かなんですかね?
あ”〜〜インチキっつー意味では同じか。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

魔雀連合と日本プロ淫売協会

完全に空振りのイメージ戦略。

事の始まりは、日本健康麻雀協会(当時の代表・井出洋介)が1994年ほどから、麻雀を通じて日中交流ができないかという所から始まりました。
そのころは、中国でもマージャンは賭けるのがあたりまえでした。
しかし、日本の賭けないマージャンである健康麻雀を中国に伝え、東京・南京・西安・北京と“東南西北”の各地を巡り、交流していったのです。
「国家体育総局が制定するルールができる」そのような活動を数年間続けることで、中国の国家に健康麻雀がバクチで無い健全なゲームとして認められていきました。
そして1998年、国家体育総局が制定するルールができたのです。「賭けない麻雀=麻将」

■麻将は「マージャン」と読みます。
■日本では、麻将は「賭けない麻雀」のことを意味します。

現状の麻雀はくだらない小博打というイメージが強いので、「麻将」という名称でその悪いイメージを払拭しようという試みだろうか。
実に馬鹿馬鹿しい。呼び方変えても運ゲームのくだらん小博打は、所詮くだらん小博打だ。

だがどうせ変えるなら「麻」を「魔」に変えた方が中二っぽくて面白い。
団体名が麻将連合というらしいから、魔雀連合か。
ダメだ、元からわけのわからない麻雀プロ()という存在がよけいわけワカランものになった。

ついでになんちゃら協会の方も団体名を変えるか。日本プロ淫売協会というのはどうだろう。

「麻雀」とつけるよりも、活動にマッチしている。
あいつらは麻雀関係ないからな。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote