牌を河に置くことは出来ます

アマチュア麻雀打ちの麻雀日記です。
悪戦苦闘の日々や麻雀そのものについて。

麻雀プロよ靴をなめろ

YouTubeで有名な某ケータイアクセサリー販売会社が麻雀ゲームをリリースしたらしい。
麻雀プロ共が、彼らの股をくぐり、靴をなめて群がる姿が容易に想像出来る。
もの申す系ユーチューバーが麻雀の違法性を指摘するところまでセット。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

麻雀をギャンブルにしているのはお前らだろ


これは直接ではないけど、とある麻雀プロ()の「嘆き」を耳にした。

具体的には、「自分たちは厳しいリーグ戦を戦って純粋な競技として麻雀を行っているのに、世間の麻雀を見る目は所詮ギャンブルでしかない」ということらしい。

まず運ゲームに厳しいもクソもないから。それと、君たちが競っているのは技術ではないので、それは競技とは呼べない。
その辺はひとまず置いておくとして、はっきり言って人間はここまで馬鹿になれるものなのかと、逆に感心してしまいましたよ。

ならば聞くけど、そのギャンブルとしての麻雀に、えげつない手段で集客しているのはお前ら麻雀プロ()だろ?

自分たちが打つ麻雀は高尚な競技で、巷で打たれている麻雀はせこいギャンブルか。
何様のつもりだ?バカ共が。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

実録!負け犬プロの遠吠え


麻雀プロ()先生と同卓。
私のトップ目でオーラス、和了終了におあつらえ向きの軽いテンパイが入り、同卓した麻雀プロ()先生からあっけなく出和了してトップ終了。
そこで麻雀プロ()先生の放銃直後の一言。

「しまった〜!先に切っておくんだった〜」だとさ。

あー、はいはい(・ω・)ノ
危険スジとして読み切っていたけど、うっかり処理が遅れてしまって負けちゃったと言いたいのだね、あくまで「うっかり」だものね、仕方ないよね。本気じゃなかったのだよね。
こんなフリー対局ではなく、リーグ戦(だっけ?)とかタイトル(笑)がかかった麻雀なら、本気だすんだよね。

鬱陶しいから黙ってろよ負け犬


麻雀 定石「何切る」301選
G・ウザク
三才ブックス
2017-07-27


麻雀 傑作「何切る」300選
G・ウザク
三才ブックス
2016-08-06



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote