牌を河に置くことは出来ます

アマチュア麻雀打ちの麻雀日記です。
悪戦苦闘の日々や麻雀そのものについてを綴ります。

協会本の押し売りキャンペーン

なんかもう、必死でしょう?
雀荘に現れる者に、著書を売りつけようとする日本プロ麻雀協会()の麻雀プロ()

ほとんどマンツーマンの押し売り営業、根負けして購入する者もちらちらと…
かく言う私も、待ち席でタイミング悪く鬱陶しい営業をかけられ続けること数十分。

ふだんは、麻雀プロ()団体というわけの分からない組織にお布施を納めているというだけで、納めていない『まとも』な人間を根拠なく下に見ている連中が、たかが千いくらの本を買ってもらうために必死の懇願。
万人に向けてよろしくと宣伝しているわけではない、購入した者へ感謝を述べているわけでもない。逆に、それならばまだ解る。

この麻雀プロ()と名乗る者は、目の前のほんのわずかな利を得るために必死なのだ。
なんとみじめで哀れで滑稽なのだろう。
どうにも気の毒になってきたので、買ってあげたよ。
黙らせ代と考えれば高くない。

必死の押し売りが終わってやっと打てると安堵していたところに「サイン入れましょうか?」だって。そんなもの、いるわけないでしょ。
気を遣って知っている体で話していたけど、そもそも誰なんだよ。

帰りの電車の網棚に置いておこうかと思ったけど、ゴミを放置してはダメだよね。







みくぱい! [DVD]
日本プロ麻雀協会公認プロ ミク・ドール・シャルロット(アフィリア・サーガ)
5pb.
2014-09-03




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

大森のキチガイ情報

このキチガイについて、いいかげん聞かれるのが面倒なのでここに書いておくよ。

●大森の50円
●名前に甲殻類
●スポーツ刈りが伸びたような短髪
●同卓すると鼻もげそうなくらい汗臭い

連続幼女誘拐殺人事件の宮崎 勤(みやざき つとむ)死刑囚のような目してるからすぐに分かると思うよ。





夢のなか、いまも
宮崎 勤
創出版
2006-02-17








“宮崎勤”を探して
芹沢 俊介
雲母書房
2006-12






君は宮崎勤をどう見るか
宮川 俊彦
中野書店
1990-01

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

麻雀Palette(パレット)に幻滅!ノーレート店の定義とは?

女流麻雀プロ()がキャバクラ嬢のような営業・接客をしたり、ご夫婦助け合いイカサマが横行する日本プロ麻雀協会()ですが、同団体の道場として(表向きは)ノーレートの麻雀店Palette(パレット)という店があります。

一般的なフリー雀荘において違法な賭け麻雀が行われていることは明白ですが、昨今ではノーレートを謳う店も数件存在します。

ここで考えてみたのですが、果たしてノーレート麻雀店の定義とは?
フリー雀荘のように客同士の麻雀において金銭を賭けさせないというのが一番分かりやすいところでしょうか。
しかしながら、そういったノーレート雀荘においても4人で来店し卓を使用する、いわゆるセット客が金銭を賭けた麻雀をすることまでは禁じていません。
ただ、そのケースはある程度仕方ないでしょう。

でもさ、一応は競技麻雀()の道場と銘打っていながら、日本プロ麻雀協会()の所属プロが違法な賭け麻雀してるのはまずいんじゃないの?

「キャバクラ」の経済学 (文庫ぎんが堂)
山本信幸
イースト・プレス
2015-11-08






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote